作成者別アーカイブ: horiadmin

新型コロナ抗体(IgG)検査について

当院では新型コロナ抗体(IgG)検査が可能になりました。

IgG抗体とは新型コロナウイルス感染後、約3週から血中に上昇してくる抗体です。このため現在の感染を診断できませんが、過去に感染していたかどうかを調べることができます。検査の条件としては、検査日からさかのぼって過去1か月の発熱、感冒症状、味覚嗅覚障害がない方に限ります。(過去にPCR検査を受けてコロナ感染が明らかな人は受けられません)

不特定多数の人が集まる職場での勤務、病院関係、医療従事者、家庭や職場で新型コロナに感染していた人がいたが、検査が受けられず自分は大丈夫か不安に思う方などが適しています。

検査方法は採血です。検査準備のため、完全予約制(毎週金曜日 午前11時~12時)で行います。事前に医院にお越しいただければ検査の説明書をお渡ししますので、ご一読ください。                                   月~火までに電話予約をお願いたします。                     検査費用は自費8500円ですが、本人確認のため保険証をご持参ください。当日は簡単な問診と検査同意書を記載いただきます。

カテゴリー: 堀口医院からのお知らせ | コメントをどうぞ

さよなら絵本たち

久しぶりに更新です。新型コロナのため当院でも慌ただしく1日が過ぎて行きます。感染の機会を減らすため早くから受付窓口は下方少し隙間を空けて透明ビニールを張り、院内は患者さんを含めマスク着用義務、問診用紙を記載する前には手指消毒を徹底、熱があったり流行地域に行った方は診察時間をずらしていただくなど、患者さんにはご理解、ご協力をお願いしております。また当院のスタッフもよく頑張ってくれており、日々支えられていることに感謝しつつ診療を継続しています。感染拡大予防のため待合室に置いていた絵本もすべて撤収しました。待ち時間に楽しそうに絵本を読んでいたり、順番が来て呼ばれてもほかの子に取られたくなくて大事そうに診察室まで絵本を抱えていた子供たちの姿を思い出すととてもさみしくなりました。普段からスタッフが診察終了後に絵本をきれいにアルコールで消毒してくれてましたが、今回も丁寧に拭いて収納庫に片づけてくれました。絵本のない待合室は色があせて見え一気に殺風景になってしまいました。

「命より経済」という愚かな政治家たちの誤った判断で待合室から絵本が消えてしまう事態になった事を私は心に刻みました。しばらくは絵本たちとさよならです。でも近い将来必ずまた白い本箱に戻して、子供たちに喜んでもらえる日が来るように頑張りたいです。

カテゴリー: 耳鼻科の小部屋 副院長のつぶやき | コメントをどうぞ

嗅覚味覚障害について

新型コロナ感染の6割に嗅覚味覚障害がみられるとの報告があります。受診の目安は以下の通りです。

嗅覚味覚障害が自覚された場合、まず2週間の自宅待機、経過観察をお願い致します。経過中に発熱、咳、全身倦怠感などの症状が出現した場合は、帰国者接触者外来に連絡してください。全身症状がなく2週間以上経過観察しても味やにおいが改善しない場合は電話にてご相談下さい。連絡なく受診されても診察を受けられない場合がございます。ご注意ください。

カテゴリー: 堀口医院からのお知らせ | コメントをどうぞ

受診時マスク着用をお願いします(ガーゼ、手作り布、ハンカチ可)

受診の際は院内入る際感染拡大防止のためマスク着用をお願いします(乳幼児は除く)。

付き添いの方も同様です。マスクの種類は紙マスク、ガーゼマスク、手作り布マスクでもかまいません。お持ちでない場合はハンカチでも結構です。指示があるまで外さないでください。着用されない場合は診察をお断りする場合がございます。感染症拡大予防にご協力ください。

カテゴリー: 堀口医院からのお知らせ | コメントをどうぞ

受診の際のお願い

風邪症状のある方は事前電話連絡をお願いします。ない場合は診察できない場合がございます。感染拡大防止にご協力ください。

カテゴリー: 堀口医院からのお知らせ | コメントをどうぞ

2020年明けましておめでとうございます

新年おめでとうございます。

年末年始は皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?当院は昨年12月28日午前まで診察し、例年通り午後から職員全員で仕事納めと院内清掃、夕方からはダスキンさんに来てもらって床のワックスがけをし、終了しました。医院の床はピカピカになり顔が映るくらいきれいになりました。レフ版効果で私の顔映りもきれいになったりして…(笑)、しかしマスクで目と眉しか出てないので関係ないか。11月から12月末は溶連菌とインフルエンザの大流行でした。特に成人、小児ともに溶連菌感染が例年より多かった印象でした。年明けは少し落ち着いています。昨年は診察用椅子のレザー張替えと年末にとうとうユニットのコンプレッサーが不具合となり買い替えました。したがって自分へのクリスマスプレゼントは着れないレザーとコンプレッサーになってしまいましたが、仕方ないかあ~~と。

年始には甥っ子たちがお年玉をもらいに(?)笑顔でやってきて、お礼に書道を書いていってくれました。院内の新年の雰囲気が盛り上がった感がでました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

カテゴリー: 耳鼻科の小部屋 副院長のつぶやき | コメントをどうぞ

年末年始 休診のお知らせ

年末年始のお休みは、12月28日(土)午後~1月4日(日)までとなっております。
1月6日(月)より通常の診療となります。

ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞ宜しくお願い致します。

カテゴリー: 堀口医院からのお知らせ, 臨時休診日のご案内 | コメントをどうぞ

インフルエンザ予防接種2019

2019年インフルエンザ予防接種を開始しました。予約制です。前日の午後5時までに医院に直接お電話でお申し込みください。対象年齢は18歳以上です。予約があっても当日の体調不良や診察時に接種ができないと判断された場合はお断りさせていただくことがありますことをご了承ください。費用は3500円です。予防接種がなくなり次第終了いたします。

カテゴリー: 堀口医院からのお知らせ | コメントをどうぞ

今年も

台風が到来シーズン真っ只中です。石川県は被害が少なく、いわゆるご高齢のかたがおっしゃる「白山さんのおかげ」なのでしょうか。関東周辺の状況をみると同じ日本とは思えない甚大な被害です。二子玉川の浸水した歯科医院がTVで報道されていましたが、他人事とは思えません。ハザードマップを見ると当院の所在地も地面が低く、何か必要な対策を考えないとなあ~と思いながらも何もできていない今日この頃です。石川県は今年9月にインフルエンザが流行して、予定していた小学校の耳鼻科検診が延期となりました。時期が早いのでちょっとびっくりです。一説には新幹線効果で夏休みに海外や都会からの観光客がウイルスを持ち込んだのではないかともいわれていました。現在は台風のため新幹線が不通となり、駅や東茶屋はごった返すことなく、近江町も楽に地元民が買い物できるようになって、昔ののんびりした金沢が戻ってきたかのようです。まあ一時だけでしょうけど….

今年もご近所にお住いの患者様から美しい秋バラを頂きました。台風にも負けずに残った今シーズン最後の貴重なバラです。色とりどりで花の色によって1本1本ごとに香りが違います。白はやさしい甘い香り、真紅は芳醇な香り、などずっと顔をうずめて嗅いでいたいくらいです(笑)。ありがとうございました。これから肌寒くなってきますが、皆様どうぞお健やかにお過ごしください。

カテゴリー: 耳鼻科の小部屋 副院長のつぶやき | コメントをどうぞ

暑中お見舞い申し上げます

猛暑の日々が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

小松はたまにニュースにとりあげられることがあるくらい、暑いんです。人も植物も暑すぎると調子が悪くなりますが、今年も朝顔が頑張って鮮やかに咲きはじめました。診療の合間に窓から見えて、癒しになります。夜間はほぼクーラーなしでは安眠が得られないくらい暑いので、体調不良や夏風邪がなかなか抜けない方が多いです。全国的にもそうですが、今年小児では手足口病がやはり多く見られます。手足口といいながらも、てのひら、足の裏だけでなく皮疹は前腕、下肢、お尻にも出ます。耳鼻科では鼻かぜと思って受診した際に口の中の粘膜疹が見つかって診断されたりしますが、上気道感染のある小児は手や足も皮疹がないかチェックします。看病する親御さんの感染も昨年よりは多く聞きます。大人が感染すると結構皮疹も発熱も継続し重症です。またダニやハウスダスト、カビによるアレルギー性鼻炎の増悪も夏にみられることが多いです。祖父母の家にお泊りに行った翌日から鼻症状ひどくなった、というのもよく聞きます。我が家は古い木造家屋なので、両親は遊びに来る孫のためにとうとう大型の空気清浄機を購入しました(^^)…..。

とりあえず今年の夏も猛暑に負けず乗り切りたいと思います!!!

カテゴリー: 耳鼻科の小部屋 副院長のつぶやき | コメントをどうぞ